雑記

秋服と冬服の違いは?兼用できる?

秋服冬服違い

季節の変わり目には衣替えを行いますよね。

最近は寒暖差の激しい時期もあり、いつするべきなのか迷う事もあります。

特に秋から冬にかけて、急に寒くなる事があるので準備が間に合ってないことも…

 

秋服と冬服の違いが分かれば、気温に合わせたコーディネートが出来ますよね!

また兼用出来れば、秋冬関係なくそのまま着続けられます。

 

それぞれの洋服に特徴はあるのでしょうか?

今回は、秋服と冬服の違いは?兼用できる?についてご紹介していきます。


秋服と冬服の違いは?

秋服と冬服の違いについて調べてみました。

まず、秋服です。

秋服には、落ち着いたカラー展開が多く冬服よりも薄手という特徴があります。

 

秋服の色味としては、アースカラーが有名ですよね。

ブラウンがグリーン系のような、ナチュラルな色味が秋服の定番カラーです。

他にも、モノトーンなど暗い色の服が多い印象があります。

 

素材的には、冬に向かっているため保温効果の高いものが使用されているんですよ。

冬服よりは薄手ですので、重ね着しやすいのも特徴の1つですね。

 

続いて冬服です。

冬服は、防寒・保温効果に長けているというのが大きな特徴です。

 

色味は秋服とほとんど変わりません。

秋服はトップスやアウターが薄手なのに対して、冬服はどちらも厚手です。

 

素材は同じであることが多いですが、厚さが異なります。

秋服と冬服の違いは厚手かどうかだと言えますね。

 

アウターなどの裏地の有無でも判断出来ます。

秋はまだ日中夏の暑さが残っている場合があります。

 

朝や夜は肌寒く感じるということもあるので、さらっと羽織れる裏地の無いアウターが多いでしょう。

それに対して冬は、裏地付きの保温性の高いものが殆どです。

外だと特に寒いですからね。

 

気温に合わせたコーディネートが必要になってきます。

たくさん違いがあるという訳ではなく、厚さが異なるという大きな違いがあることが分かりました。


秋服と冬服の兼用はできる?

秋服と冬服の違いは、素材の厚さであることが分かりました。

では、兼用は可能なのでしょうか?

 

結論から言いますと、秋服と冬服は兼用出来ます!

前述したように、素材はほとんど同じであることが多いです。

 

トップスを例にあげると、ニットやセーター・トレーナーなどがあります。

これらを秋服として購入し、冬に着用しても全く問題ありません。

コートやジャケットなど、冬用のアウターで調整できますからね。

 

それでもトップスが薄手で寒い場合には、インナーを検討してみましょう。

ヒートテックなどの、薄く暖かいインナーに変更するのもオススメです。

 

冬は厚手の服が多いですから、重ね着すると着膨れする事があります。

そう考えると秋服は薄手ですので、重ね着しやすいですよね。

 

秋服は冬でも着用できるので、着回し力が高いと言えます。

秋服と冬服の違いは多少ありますが、兼用可能ですのでそこまで気にする必要は無いと思います。

 

秋服は冬に向けて作られていますからね。

冬服との相性は良いのです。

 

ただ、冬服を秋の初めに着るのはあまりオススメしません。

トップスやアウターは厚手のものが多いですので、暑くて汗をかくことも…

 

トップスを秋服、アウターを冬服など季節に合わせたコーディネートを楽しみましょう。

着回しすることで、コーデの幅が広がりオシャレ感も増しますよ!


秋服と冬服兼用のおすすめは?

秋服冬服兼用

秋服と冬服の違いから考える、兼用におすすめなものを紹介していきます。

やはり一番はトップスです。

 

薄手のニットやセーターは着回し力が高く、オシャレなものが多いんですよ。

秋には1枚で着れますし、冬には薄手のインナーと重ねて着ることが出来ます。

 

女性の場合は、ブラウスにニットを合わせるのも可愛いです!

レース素材や襟が可愛い、重ね着向けのブラウスが流行っていますからね。

男性だと、シャツを合わせるのもオススメです。

 

秋服の薄手のトップスは、長く着れるので嬉しいですよね。

着膨れしやすい冬にはもってこいの洋服です。

 

秋服と冬服の違いはほとんどが服の厚さですので、素材はほぼ同じです。

だから合わせやすいんですよね。

違和感なくコーディネート出来るのです。

 

また、ライナー取り外し可のアウターもオススメですよ!

ライナーとは、アウターの内側についている取り外しが出来る裏地の事です。

 

ライナーを付けたままだと、暖かく保温効果があります。

外せば薄くなるため、ちょっと羽織りたい時に着れるんですよ。

それに加えて、外したライナーのみでも着れるタイプもあるんです。

 

2way・3wayと着回し力の高いアウターが増えています。

これなら、秋でも冬でも着用出来るので1枚あると便利ですよね。

色んなコーデを楽しめるので、大活躍間違いなしです!


まとめ

秋服と冬服の違いは?兼用できる?についてご紹介していきました。

秋服と冬服の違いは、服の厚さだったんですね。

 

カラーや素材感は変わらないので、兼用も可能です。

特に秋服は、たくさん着回すことが出来ます。

インナーやアウターで調整しながら、オシャレができるのは嬉しいですよね。

 

デザインが可愛く重ね着などのオシャレの幅が広がる為、秋冬の季節が好きな人も多いです。

気分や気温に合わせて、様々なコーディネートを楽しみましょう!