雑記

カレーの温め直しは何回まで大丈夫?温め直し方法まとめ

カレー 暖め直し 何回

大人も子どもも大好きなカレー。

大きい鍋に一度にたくさん作れるので、作り置きとしても有能!

1回作れば数日は献立に悩む事もないですし、時間が経つとより旨味が引き立つとも言いますよね。

 

カレーの温め直しを何回もしても良いものだろうか…

量が多いと残ってしまうので、毎日火入れをするべきなのか悩む事もあるでしょう。

 

きちんと加熱しないと食中毒のリスクもあるので心配ですよね。

そこで今回は、カレーの温め直しは何回まで大丈夫?温め直し方法についてご紹介していきます!


カレーの温め直しは何回まで大丈夫?

カレーの温め直しは何回まで大丈夫なのでしょうか?

先ほど話しましたが、たくさん作れる料理の1つです。

一度に大量に作れるので、子育て中の主婦や忙しい人の味方でもあるでしょう。

 

それに好物である人も多いですよね。

子ども大人も喜ぶ献立だと思います。

 

残ったら、うどん・ドリア・コロッケなど色んなものにリメイク出来るのも嬉しいですよね!

加工しやすいのも良い所の1つでもあります。

 

しかし残りすぎると、温める回数も増えてしまいますよね。

調べたところ、カレーの温め直しが何回まで大丈夫という決まった回数はありませんでした。

 

量や何に入れているか、どこに置いておくかによって変わってきますからね。

ただ何回も火を入れると具材が溶けてきてしまうので注意して下さい。

ぐつぐつ煮込まれてしまいますから。

 

その為、作り方や具材にもよりますが基本的には2~3回程度が良いでしょう。

作ったまま置いておいた時の場合です。

 

そのままじゃなくて、タッパーなどの密閉容器に分けて入れておく方が良いと言われているんですよ。

温め方だけではなく、入れ物に気を付けるとより長持ちさせることが出来ますよ。

 

美味しい状態で食べるためには、たくさん作りすぎず2~3日で食べきるのがオススメです。

残ってしまった場合には、冷凍庫に入れておくのが一番長く持ちます。

 

そうすれば、おかずが無い時やちょっと小腹が空いた時にも使えるので便利ですよね。

味を落とさず長く食べる為に、正しい保存の仕方を覚えておくと良いですね!


カレーの温め直し方法や時間について

カレーの温め直しは何回までという決まりはありませんでした。

使用した具材や季節・環境によって変わりますからね。

基本的には2~3回程がオススメとされています。

 

次に、その方法や時間についてご紹介していきます。

一番適しているのは鍋で火を入れる事なんですよ。

 

ウェルシュ菌という、煮込み料理に発生する頻度が高い菌がいます。

これは熱に強いので、熱を加えたとしても生き残っている可能性があるんですよ。

 

特にレンジを使った時には、場所によって上手く熱が届いていない事もあります。

その温度のばらつきが菌が発生するような状況を作るんです。

 

レンジの使用が、食中毒を起こす誘因となる場合があるとは…

ちょっとびっくりしました。

 

従って鍋を使う方が良いのです。

鍋だったら、かき混ぜることによって全体を均等に熱する事が出来ます。

 

温度は75℃以上にすることが大事ですよ!

そして、均等に混ぜながら10分以上は熱を入れるようにしましょう。

 

焦げないように弱火でじっくり温めるのがオススメです。

弱火でも150℃はあるので安心して下さいね。

 

容器に食べる分だけ入れたら、鍋に移して温めるようにして下さい。

カレーの温め直しを何回も鍋でするのは面倒かも知れません。

熱がきちんと入っていなければ危険な場合もありますから、火にかけて温め直すのが一番良いですよ!


カレーは毎日火入れすればよいって本当?

毎日火入れをすれば大丈夫と言いますよね。

確かに熱に弱い菌もいるんです。

煮沸消毒などもありますよね!

 

しかし前述したように、煮込み料理に発生する菌は熱に強いのです。

これが少し厄介なんです。

 

その為カレーの温め直しを何回も行っているからと言って、安心できる訳では無いんですよ。

日持ちさせるには、きちんと冷やすことが重要です。

 

冷蔵だと3日程度、冷凍だと最長1ヵ月は持ちますからね。

1ヵ月とは言いますが、味は落ちてしまうので出来るだけ早めに食べるようにしてください。

 

常温のままだと半日~1日程しか持ちませんのでやめましょう。

冷蔵したい時には、素早く冷やしてすぐに入れる事が大事です。

 

カレーの温め直しを何回もしなくて済むように、食べる分だけしっかりと加熱すると良いですよ。

全体を均一に熱することが大切です。

ばらつきが出ないようにすることでリスクを減らせますから。

 

凍らせる場合は、じゃがいもや人参を取り除くようにしましょう。

これらは食感が変わりやすく、美味しくなくなってしまうのです。

 

食べる時には、解凍したあとにコンロで温めるのがオススメですよ。

湯せんやレンジも良いですが、火を使った方が安全に食すことが出来ます。

毎日火入れすれば良い訳ではなく、きちんと保存することが重要なんですよ。


まとめ

カレーの温め直しは何回まで大丈夫?温め直し方法についてご紹介していきました。

カレーは温め直しを何回するかが大事なのではありません。

 

どのように保管するのかが重要であることが分かりました。

もちろん、加熱も大切です。

 

きちんとした保存としっかり熱を加えることが日持ちさせるポイントなんですね。

大量に作ってそのままにするのではなく、食べる量に分けるのがオススメです。

 

そうすれば何度も加熱しなくて済みますし、長持ちしやすいんですよ。

たくさん作りがちですが、出来るだけ3日程度で食べきる量にしましょう。

最後まで味が落ちる事無く安心して食べられますからね。