フィギュアスケート

紀平梨花の父親はホシザキの幹部?職業や年収についても

スポンサーリンク

紀平梨花は日本を代表するフィギュアスケートの選手です。

2019年~2020年においては、世界ランキング1位と、実力のあるフィギュアスケートの選手です。

紀平梨花は、あの有名な浅田真央に続いて、日本のフィギュアスケート界を背負い、盛り上げていく選手の1人だと言われています。

容姿も「かわいい」「美人」と人気が高いという声が多いです。

 

そんな紀平梨花の父親がホシザキの幹部である、という話があります。

本当なのか気になるところですね!

 

今回は、紀平梨花の父親はホシザキの幹部?職業や年収について調べてみました!

スポンサーリンク

紀平梨花の父親はホシザキ?職業について

紀平梨花の父親はホシザキで働いているという話がありますが、それは本当なのでしょうか?

そもそも、「ホシザキ」とは何なのでしょうか?

 

「ホシザキ」とは「ホシザキ株式会社」のことです。

ホシザキは、全自動製氷機を中心に厨房機器を製造・販売している日本の業務用厨房機器メーカーで、愛知県豊明市に本社がある東証一部上場企業です。

 

紀平梨花の父親がホシザキに勤めているのかどうか、いろいろと調べてみたところ…

残念ながら紀平梨花の父親がホシザキに勤めている、というはっきりとした事実は掴むことができませんでした。

どうやら、あくまでも噂話ということが分かりました。

 

幼いころからフィギュアスケートの実力があった紀平梨花ですが、フィギュアスケートは、あらゆるスポーツの中でも費用がかかると言われています。

精神的な面から金銭的な面まで親のサポートがあったかと思いますが、フィギュアスケートにかかる費用を出せていた父親の職業は一体何なのか気になるところです。

スポンサーリンク

紀平梨花の父親はホシザキの幹部?

紀平梨花の父親がホシザキに勤めているという話は事実か噂なのか調べた際に、ホシザキ株式会社のホームページを確認してみました。

ホシザキ株式会社のホームページに記載の取締役一覧を確認しましたが、紀平という名前は見当たりませんでした。

 

紀平梨花の父親は1967年生まれの今年(2021年)で54歳になるようですが、年齢から考えると何かしらの役職に就いていてもおかしくはないと考えられます。

今回の調べで、紀平梨花の父親の名前がホシザキのホームページに記載がないことが分かりました。

 

ホームページに記載がないだけでホシザキの役職に就いている可能性や、役職はなくとも何らかの形でホシザキに勤めているという可能性はゼロではないと個人的に考えました。

スポンサーリンク

紀平梨花の父親が勤務するホシザキの年収は?

紀平梨花の父親が働いていると噂のある、ホシザキ株式会社の平均年収は一体どれくらいなのでしょうか。

調べた結果、ホシザキの平均年収は680万円ということでした。

 

紀平梨花の父親は、今年(2021年)54歳ですが、ホシザキの51歳の月額給与は約65万円、想定平均年収は848万円と言われています。

全国の50代の平均年収が545万円と言われていますので、それを大幅に上回っていることが分かります。

 

フィギュアスケートは習い始めもトップクラスの選手になってからも、莫大なお金がかかるスポーツです。

トップスケーターになると、衣装代だけでもシンプルなもので30~80万円もすると言われています。

 

フィギュアスケートの国内の大会に出場で年間500万円。

海外の大会にも出場すると遠征費や、コーチの交通費・宿泊代も出さなくてならず、年間1000万円超えになります!

 

紀平梨花は5歳の時からフィギュアスケートを習い始めました。

フィギュアスケートの費用は、小学生の低学年で年間100~200万円もかかります。

年齢が上がってきて、実力もあればいろんな大会にも出るので、その費用はどんどん上がっていきます。

フィギュアスケートにかかる費用を計算するのが嫌になってきそうなくらい、お金がかかるということが分かりました。

 

紀平梨花の父親にこんなに年収があるとしたら、紀平梨花が長年フィギュアスケートを続けられるのにも納得がいきます。

フィギュアスケートを習ったりトップクラスの選手を目指すうえで、お金があるに越したことはないと思います。

しかしトップクラスのフィギュアスケート選手の中にも、一般家庭で育ってきた方もいます。

 

トップクラスのフィギュアスケート選手としても有名な、高橋大輔や羽生弦がそうです。

衣装代を浮かせるために母親が衣装を手作りしていた、という話を聞いたことがありますが、親の愛情というものをとても感じました。

その為、紀平梨花の父親も、ごく一般的なサラリーマンだとしても何もおかしいことはないのです。

スポンサーリンク

まとめ

紀平梨花の父親はホシザキの幹部?職業や年収についてまとめました。

紀平梨花の父親がホシザキで働いているかの真実について、残念ながらはっきりとした答えは出ませんでした。

「ホシザキ」とは、ホシザキ株式会社の事で、全自動製氷機を中心に厨房機器を製造・販売している日本の業務用厨房機器メーカーということが分かりました。

また、ホシザキの平均年収は680万円で、紀平梨花の父親の年代にもなると848万円の年収が想定されることも分かりました。

 

実はフィギュアスケートを習う子の8割がいわゆる「お金持ち」といわれるような家庭環境と言われています。

それらを考えると、紀平梨花の父親がホシザキで働いているとしても納得がいきますね。

紀平梨花の父親はホシザキに勤めていなくても、年収の高い企業に勤めている可能性が高いだろうと個人的に感じました。