雑記

子供の反抗期に耐えられない!乗り越え方まとめ

子供の反抗期 耐えられない
スポンサーリンク

子供は、成長とともに親を喜ばせてくれたり、時には怒らせたり悩ませたり反抗期は避けては通れないですよね。

子供のいるご家庭では必ずしも通る反抗期ですが、子供の反抗期に耐えられない!時の乗り越え方をいくつかご紹介しますので、実践していけたらと思います。

 

どれもすぐに実践はできると思いますよ。

子供の反抗期に耐えられない!乗り越えられないと親は誰しもが思っていることだと思うので、少しでも参考になれたらと思います。

スポンサーリンク

子供の反抗期に耐えられない!

赤ん坊のころは、考えもしなかった子供の反抗期ですが日々成長するとともに子供にも自我が生まれます。

イヤイヤ期だと自我が出始め、なんでも嫌と言われていませんか?

 

朝起きてご飯を食べたくない、服を着替えたくないや出かけるときに靴を履きたくないと言われてしまうとどのようにして納得させようと悩んでいませんか?

子供の反抗期に耐えられない!と思ってしまいますよね。

 

個人差はありますが、小学校低学年頃から中学年ごろにも反抗的な態度が表れることがありますね。

まれに反抗期がない子供もいますが、約7割は反抗期が来ます!

2回、中には3回もあるなんて、子供の反抗期は耐えられない!と思いますよね。

 

例えば、学校から帰ってきたら宿題をしていないまたは、テレビやゲームをしているそんなことありませんか?

その際に、うるさく注意をしていませんか?もちろん親も感情はあるので感情的に伝えていませんか?

子供の反抗期には耐えられないけど、親は感情的にならずに落ち着いて言葉を伝えるように心がけの気持ちを持てるといいですね。

 

子供の反抗期という言葉よりもニュアンスを変えて「自立期」や「チャンス期」と言い換えることにより気持ちも変化しませんか?

あくまでも成長過程での進化です。

マイナスからプラスとして前向きに考えてみるのもいいと思います。

スポンサーリンク

子供の反抗期に耐えられないときに親がやるべきことは?

親としては子供の行動や状況を予め把握して事前に身の安全を防いでしまったり、良かれと思って必要以上に干渉・否定をしていませんか?

子供が反抗期に耐えられないときに親がやるべきこととしてすることは必要以上に干渉・否定をしすぎないのがオススメです。

 

どうしても親子といると言い合ってしまい喧嘩になりがちかもしれませんが、受け流すのも一つの手だと思います。

また親として怒って物事を決めつけたり否定をしないで、優しく質問したり助言するのがいいと思いますよ。

書いているだけですと簡単に言えますが、子供の反抗期に耐えられないときに親がやるべきこと感情的にならないように落ち着いて行動することです。

 

感情的にならずに落ち着いて、行動をするのは非常に難しいと思いますので徐々に受け流していってください。

スポンサーリンク

子供の反抗期に耐えられないときの子供への対応は?

なかなか子供の反抗期に耐えるというのは親も辛いですよね、そう思いませんか?

上記にもあった通り、受け流す行為を実践することですね。

 

例えば子供から酷い言葉や生意気な言葉を言われたとしても、言い返さないように気を付けるようにする。

「どうして酷い言葉や生意気な言葉を言うの?」と聞いてみるのもいいと思いますよ。

 

しかし反抗期真っただ中の子供は、「そう思ったからだよ!」と言われるかもしれませんが、親としても言い返してしまいがちですが受け流すというのも心掛けていくといいと思いますね。

スポンサーリンク

子供の反抗期に耐えられないときの子供への対応は?

親としてはついカッとなってしまい感情的に子共に伝えていませんか?

過度に怒鳴らずに相手が悲しい言葉を言われたら落ち込むことを伝えるのも一つの手です。

私も幼き頃は、天邪鬼のように両親に反抗的な言葉や態度をとっていたと子供を育てている状況で思い出しています。

 

なぜ子供は反抗期があるのかというと、成長の一環ですよね。

親に反論してしまいますが、それは子供自身が意思を伝えている証でもあります。

それでも親としては、反抗期の時期は自分の子供が友達や先生にも酷いことを言ってしまわないか不安になると思います。

 

注意もするのも必要だと思います。

しかし、親も同じ人間です。

どうしても感情的になっていってしまう時もあると思いますよね。

 

その際はしっかりと謝って、なぜこのように喧嘩になってしまったかお互い、落ち着いて話し合うのもいいと思います。

ただ、どうしても親子だと感情的になってしまうと思います。

親は、少し一息をついて気持ちの余裕を見せてくださいね。

 

1点注意してほしいところは子供が勘違いをしてしまう行為です。

例えば、「無視をされた」と思わせてしまったり「自分に全く興味がない」を感じさせてしまったり「見放された」と勘違いをさせてしまうことです。

 

なんでも親だからと言って全て完璧にできることではないので少しずつ、反抗期が緩和されて親子関係が良好になるといいですよね。

現状は反抗期が辛くでも必ず時が過ぎます!こんなこともあったなと思えるようになりましょう。

スポンサーリンク

まとめ

子供の反抗期に耐えられない!乗り越え方についてまとめてみました。

反抗期と思わず、「自立期」や「チャンス期」として前向きに考えるようにしてくださいね。

 

子供の反抗期に耐えられないときに親がやるべきことは、子供と言い合いをせずに親は受け流すように心がけが大事です。

子供の反抗期に耐えられないときの子供への対応は、親も同じ人間ですのでどうしても感情的になっていってしまう時もあると思います。

 

実際問題に、反抗期がきたらどう対処していこうかと考えてしまいますが夫婦で協力して乗り越えていけたらいいですよね。

子供の反抗期は非常に大変かと思いますが、お互い頑張りましょうね。