芸能

仲里依紗の実家はお金持ちでTACK!両親の店を紹介

スポンサーリンク

人気女優・ママタレとしてだけでなく、YouTuberとしても活躍している仲里依紗。

7月にはアパレルブランド「RE.」を家族全員で作りオープンさせました。

仲里依紗はずっと長崎の家族と一緒に、お洋服のプロデュースをしたいと言っていました。

 

両親が洋服店を2店舗経営されている事や、父親がバイク好きでハーレーなど高級バイクを複数台所持している事が分かっています。

このことから仲里依紗の実家はお金持ちなのかと噂されています。

 

今回は仲里依紗の実家はお金持ちのなのか?噂について調べてみました。

スポンサーリンク

仲里依紗の実家はお金持ち!

仲里依紗の実家がお金持ちと言われる理由はなんでしょう?

ご存じの方も多いと思いますが、仲里依紗の両親は長崎県でアメカジセレクトショップを2店舗経営されています。

 

HPを拝見したところお洒落なジーンズやTシャツ、パンツをはじめレザーワーク、ヘルメットなどバイク、車やバイク好きにはたまらないアイテムが揃っていました。

1988年から30年以上経営されているので、仲里依紗の両親のお店は老舗店ですね。

 

仲里依紗の父親はバイク好きなので、仲里依紗の幼稚園や習い事の送り迎えはハーレーでした。

ハーレーは1台100万円を超える高級バイクです。

100万円を超えるバイクを複数台所持しているなんてすごい!

仲里依紗の実家がお金持ちであることを象徴しているようですね。

 

他にも仲里依紗の実家がお金持ちなのでは?と予想されるエピソードを見つけました。

仲里依紗は幼少期にいくつか習い事をしていましたが、その一つが日本舞踊だったことです。

 

仲里依紗は日本舞踊を3歳から15歳まで習っていました。

身のこなし方が綺麗なのは日本舞踊をしていたからなのかもしれませんね。

 

日本舞踊はとてもお金のかかる習い事で、親の経済的サポートが重要になります。

実際に日本舞踊を習うとどのくらい費用がかかるのか調べてみました。

 

日本舞踊の教室によって異なりますが、入会金に平均1万円前後。

月謝は子供の場合、月4回で5千円~2万円前後。

また舞踊を始める際、購入しなければならない稽古着や扇子。

 

そして他の習い事と大きく違う点が「季節の挨拶」として先生に対し、お中元やお歳暮を贈る風習があります。

月謝1か月分に相当する金額のお歳暮、お中元を贈るのが習わしとのこと。

 

更に日頃の成果を披露する発表会があり、こちらも舞台内容によりますが1万円くらいから100万円以上かかる事もあります。

まさにお金持ちの習い事と言っていいでしょう。

 

ちなみに仲里依紗は幼い頃から人見知りで、写真を撮る際はいつも誰かの後ろに写って隠れていたと仲里依紗の両親がYouTubeで言っていました。

日本舞踊を習い舞台に立つ事で人見知りを克服できたらいいな、という仲里依紗の両親の想いもあったとのことです。

 

仲里依紗の両親が日本舞踊を習わせていなかったら、女優として活躍していなかった可能性もありますよね。

スポンサーリンク

仲里依紗の実家(両親のお店)TACKの場所は?

仲里依紗の両親のお店TACKについて調べてみました。

場所は仲里依紗の地元長崎県東彼杵町にあり本店となります。

支店は長崎県大村市古賀島町にある大村店です。

 

TACKはアメリカンカジュアルな洋服を取り扱う洋服店で、お店の雰囲気はとてもお洒落な印象です。

接客、アドバイスもフレンドリーで丁寧と高評価。在庫がない時も支店に確認してくれるなど親切な対応。

通販希望の方はインスタグラムのDMか電話で対応してくれます。

 

TACK本店のインスタはこちらです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TACK(@tack_honten)がシェアした投稿

2店舗も経営されている事から経営は安定。

仲里依紗の実家はお金持ちで間違いないですね。

スポンサーリンク

仲里依紗の祖父・祖母もお金持ち?

仲里依紗の実家がお金持ちということが分かったので、更に祖父母もお金持ちなのか調べてみました。

両親だけでなく、仲里依紗の祖父母も洋服店を経営している事が分かりました。

50年以上続く老舗洋服店「ブティック ニュートーエイ」です。

 

両親が経営するTACKの向かいに祖父母の経営しているお店があります。

仲里依紗の抜群のファッションセンスやお洋服が好きなところは、幼い頃から両親・祖父母が洋服店を経営している姿をみているからと言えるでしょう

仲里依紗のSNSには、よく「デンジャーばあちゃん」の愛称で呼ばれている祖母の事も書かれています。

インスタグラムの投稿には、デンジャーばあちゃんからもらったピンクの手編みの帽子を被った写真が投稿されています。

帽子を手編みで造るだなんてとても器用でセンスがいいですね。

 

両親のお店、祖父母のお店どちらも老舗店という点からも、仲里依紗の実家はお金持ちであることが分かりました。

スポンサーリンク

まとめ

仲里依紗の実家はお金持ちなのか噂についてまとめました。

仲里依紗の両親が老舗洋服店を2店舗経営されていて、父親が高級バイクを複数台所持している点。

そして祖父母も超老舗洋服店を経営されている事から、仲里依紗は裕福な家庭で育ったことが分かります。

 

また仲里依紗は3歳から15歳まで、お金持ちの習い事と言われる日本舞踊を習っていた事からも間違いないでしょう。

コロナ禍でなかなか地元長崎に帰ることが出来ない状況ですが、両親と頻繁にFaceTimeをしていたり、両親の誕生日には毎年欲しい物を聞いてプレゼントを贈っている姿が見受けられます。

家族全員とても仲が良く温かい家族だなと思いました。

 

女優兼YouTuberである仲里依紗の今後の活躍、そして家族一丸となって作った「RE.」。

長崎で経営する両親の取引先の縫製工場にお願いしかなりこだわりを見せています。

今後の新作も楽しみですね。