PRIKIL

PRIKIL(プリキル)の事務所はFNCエンターテイメント!評判や闇についても

プリキル

「who is princess?」ガールズオーディション番組で結成された「PRIKIL(プリキル)」。

そんなPRIKIL(プリキル)の事務所は、FNCエンターテイメントという韓国を拠点にしている芸能プロダクションということが分かりました。

 

最近のアイドル事務所はひどいところも多い印象ですが…

PRIKIL(プリキル)の事務所がどんなところなのか、評判が気になりますね。

 

そこで今回は、PRIKIL(プリキル)の事務所はFNCエンターテイメント!評判や闇についてご紹介していきます。


PRIKIL(プリキル)の事務所FNCエンターテイメントの会社概要

PRIKIL(プリキル)の事務所であるFNCエンターテイメントについて調べました。

先ほど触れましたが、PRIKIL(プリキル)の事務所であるFNCエンターテイメントは韓国の芸能プロダクションです。

 

調査したところ、FN Cエンターテイメント設立時の社名は「フィッシュアンドケーキ・ミュージック」でした。

今とは違う社名だったんですね。

事務所が設立されたのは2006年で、ソウルに本社があります。

 

2011年には日本法人「FNCミュージック・ジャパン」が設立されています。

2012年に今の社名へと変更し、2013年には中国法人も設立しているんですよ。

韓国・中国・日本へと会社を拡大していきました。

 

2018年には、日本法人の社名も「FNCエンターテイメント・ジャパン」へ変更されています。

ロックバンドやダンスグループ、俳優なども所属しています。

音楽だけではなく、映画やドラマなど様々なエンターテインメント事業に携わっているのが印象的です。

 

韓国の芸能事務所だけあって、日本人の所属は少ないです。

個人の所属はありませんが、グループメンバーの中には日本人もいました。

 

PRIKIL(プリキル)のように全員が日本人というグループはいません。

今後の活躍に注目していることでしょう。

 

PRIKIL(プリキル)の事務所は、子会社であるFNCエンターテイメント・ジャパンという事になります。

日本だけではなく、韓国での活動もありそうですね!


PRIKIL(プリキル)の事務所FNCエンターテイメントの評判は?

PRIKIL(プリキル)メンバーは、FNCエンターテイメントジャパンの練習生としてデビュー前から所属していました。

厳しいレッスンやトレーニングを経てここまで勝ち抜いたのです。

中には、事務所に所属後からダンスを始めたメンバーもいますよ!

 

ダンス歴10年以上の練習生もいましたから、相当な努力をした事が分かりますね。

デビュー後もしっかりサポートしてもらいたい所ですが、PRIKIL(プリキル)の事務所であるFNCエンターテイメントの評判はどうなのでしょうか?

 

調べたところ、PRIKIL(プリキル)の事務所はあまり評判が良くない事が分かりました。

ネット上ではこのような声が多く挙がっています。

まだまだたくさん心配の声がありました。

K-POPファンの間ではあまり良い噂を聞かない事務所だという声が少し聞こえてきます…。

 

なぜこんなにPRIKIL(プリキル)の事務所の評判が悪いのか気になりますよね。

それは、過去に所属アーティストやグループの不祥事や脱退などの問題が多発したからです。

 

PRIKIL(プリキル)の事務所の評判があまり良くないという噂を聞けば、ファンの心配や不安も納得ですよね。

過酷なオーディションを勝ち抜き選び抜かれたメンバーですから、事務所の評判など気にせず頑張ってもらいたいです。


PRIKIL(プリキル)の事務所FNCエンターテイメントが闇って本当?

PRIKIL(プリキル)の事務所であるFNCエンターテイメントは本当に闇があるのか個人的にとても疑問に思いました。

事務所内でどのようなことが起きたのか、詳しく調査してみました。

AOAいじめ事件

FNCエンターテイメント所属のグループAOA。

2012年のデビュー当時は8人組でしたが、現在は3人しか残っていません。

 

脱退した5名のうち、2名がメンバー内のいじめが脱退理由です。

それが、ミナとジミン。

 

ミナは2019年にグループを脱退後、SNSにて10年以上ジミンからいじめられていたと暴露しました。

事務所にその旨を相談したが、何も対応してもらえなかったと主張した過去があります。

 

ジミンは始めいじめについて否定をしていましたが、結果的にすべてを認めてグループから脱退し芸能界からも去りました。

チェリーバレットメンバー脱退

2018年に結成した10人組のガールズグループCherryBullet。

メンバーは韓国人・台湾人・日本人で構成されており、チェリバレの愛称で親しまれていました。

人気が出始めた中、なんと結成から1年未満で3人も脱退しているんですよ!

突然の脱退発表にファンも驚きを隠せませんでした。

気になるのは、3人の脱退理由が明かされなかったことです。

 

不仲や不祥事など様々な憶測がありましたが、情報は一切出てきませんでした。

更に、ガルプラというガールズオーディション番組にチェリバレの現メンバー3人が参加していました。

 

既にデビューしているにも関わらず参加するなんて謎ですよね。

解散なども考えられていますが、チェリバレの知名度を上げる目的という理由が一番有力です。

 

他にも、所属アーティストの不祥事に対する対応がひどいという情報もありました。

PRIKIL(プリキル)の事務所がこんな闇のある所なんて…

所属しているアーティストはとても実力のある人ばかりです。

本当にもったいないですよね。

 

起こった問題全てが事務所の責任とは思いませんが…

PRIKIL(プリキル)は脱退や解散などの問題が起きない事を願っています。

むしろ中学生ばかりなので、手厚くサポートしてくれるといいなぁと個人的には思いました。


まとめ

PRIKIL(プリキル)の事務所はFNCエンターテイメント!評判や闇についてご紹介していきました。

残念ながらPRIKIL(プリキル)の事務所の評判はあまり良くないという声が多かったです。

事務所を変えた方がいいという声も多く上がるほどですから相当ですよね。

 

しかし、メンバーの実力はかなり高いです!

事務所関係なくこれから飛躍して欲しいですね。

PRIKIL(プリキル)の事務所は変わらないので、ファンとしては応援し続けていくことでメンバーを支えたいですね!