who is princess

フープリRIO(リオ)の落選理由は?SNSの声も

昨年10月より始まった「who is princess?(通称フープリ)」オーディションで落選したメンバーが気になっている人も多いです。

中でもクールなビジュアルで注目を集めていたRIO(リオ)。

残念ながらフープリRIOは落選となってしまいました…。

 

ファンのデビュー予想にも名前が多く挙がっていたので驚いた人も多いでしょう。

また「なんでリオは落選したのか?」と落選理由が知りたいという声も出ていました。

 

今回はフープリRIOの落選理由は?SNSの声についても調べましたのでご紹介していきます!


フープリRIOの落選理由は?

フープリrio

フープリRIOの落選理由については、オーディションの中では明言されてませんでした。

リオのダンス歴は11年で15名の練習生の中でも長い方。

パワフルでかっこいいパフォーマンスと、クールビューティーなルックスでカリスマ性が高いと注目されデビュー目前とまで言われていました。

 

フープリのコンセプトはガールズクラッシュ

ガールズクラッシュとは、女性が惚れる強い女という力強く媚びないスタイルを表現した言葉です。

RIOはそんなグループにピッタリの逸材であることが分かりますよね。

SNSでもガルクラには欠かせないという声がたくさんありました。

 

ファンの中でも、デビューは確実という印象があったにも関わらずなぜフープリRIOは落選してしまったのでしょうか?

最終審査では、実力と伸びしろを重視してメンバーの選出が行われたのです。

 

昨年10月からデビューが決まるまでの3ヵ月の間に全員が大きく成長しました。

誰がデビューしてもおかしくない程に仕上がっていたのです。

 

ファイナルミッションに残っていた10名の内、実力と伸びしろのバランスが取れていたのが今回デビューが決まった5名という事になりますよね。

選ばれた5名は全員中学生です。

 

バランスを考えるとRIOは高校生ですし、実力も高いので合わないと判断されてしまったのかも知れませんね。

ガルクラというコンセプトなのであれば、RIOを始めとするお姉さんメンバーを入れてもよかったのではないかと個人的には思いました。


フープリRIOの今まで成績や評価について

フープリRIOのオーディションでのこれまでの成績や評価についてです。

オーディションでは、毎回PRINCESSチームとCHALLENGERチームに分かれてバトルが行われていました。

PRINCESSはデビューに近いCHALLENGERは脱落に近いというチーム分けなのです。

 

各ミッションのRIOの成績や評価をまとめました。

MISSION①ボーイズグループダンスバトル:PRINCESS

RIOのスタートはPRINCESSでした。

難しい課題にも関わらず、RIOに対する評価はとても高かったです。

 

センターではないものの、ソロパフォーマンスでは雰囲気を活かしたパフォーマンスが出来ていたとコメントされています。

RIOを褒めずにはいられないと審査員が言う程ですから、いいスタートを切れた感じがしますよね!

本人もPRINCESSに残留出来て嬉しかったでしょう。

MISSION②ソロダンス・ボーカルバトル:CHALLENGER

PRINCESSチームとCHALLENGERチーム1対1のバトルです。

RIOはHONOKAと対戦。

ソロボーカル対決では、歌唱力に定評のあるHONOKAが優勢となる結果となりました。

 

ソロダンスでも、RIOは集中力が欠けていたと評価されてしまいHONOKAがPRINCESSへと昇格したのです。

本来の実力が発揮出来なかった感じがありますね。

MISSION③ファッションバトル:PRINCESS

5つのジャンルから好きなものを選び、自分でトータルコーディネートを組みます。

その後のランウェイ・スチール撮影までが今回のミッションです。

 

RIOはスポーティーを選び、難しいジャンルながら自分の見せ方が分かっていると高く評価されていました。

その結果、PRINCESSチームへと昇格したのです。

MISSION④J-POP×K-POPバトル:CHALLENGER

J-POPの曲に合わせてK-POP流のダンスパフォーマンスを行う対決です。

今回はPRINCESSとCHALLENGERのミックスメンバー3チームによるバトルでした。

 

RIOのチームは3位という結果に…

表情の暗さやパフォーマンスの小ささを指摘されていました。

 

個人の能力は高いが、チームワーク力が足りなかったともいわれています。

今回の結果でCHALLENGERへと降格になりました。

MISSION⑤K-POPガールズグループバトル:PRINCESS

いよいよセミファイナルとなりました。

今回は、K-POPの楽曲でPRINCESSとCHALLENGERチームがバトルします。

 

ダンス歴10年以上のRIOとAINAが振り入れを担当しました。

ダンス歴が長く多くの経験がある2人は、意見が衝突してしまいチームがバラバラに…

 

しかし、最終的にはまとまることができCHALLENGERとは思えない程よくできていると褒められたのです!

他の審査員からの評価も高く、急激な成長が見られました。

チーム入れ替えの激しいMISSIONとなりましたが、見事PRINCESSへと昇格したのです。

MISSION⑥オリジナルソングパフォーマンス:脱落

ファイナルミッションは、番組のテーマソング・デビュー曲の2曲が課題曲でした。

どちらのチームも最終審査ということもあり、緊張していたでしょう。

 

ハイレベルなメンバーが揃っており、誰がデビューしてもおかしくないのです。

PRINCESSチームとして実力を発揮しましたが、デビューを獲得することは出来ませんでした。

 

前述したように、実力と伸びしろのバランスが取れる5名が選ばれたのです。

デビューは確実だと思われていたフープリRIOの落選は本当に残念ですね。


フープリRIOが落選についてSNSの声は?

フープリRIOの落選についてファンはどう思っているのでしょうか?

Twitterにはこんな投稿がありました。

このように、フープリRIOが落選してしまった事に驚きを隠せないファンがたくさんいるのです。

ガルクラというコンセプトを考えるとRIOは必要なメンバーだと言う意見が多く見られました。

 

お姉さん組としてフープリを引っ張ってきた1人ですから、最終的に選ばれたのが全員中学生となれば疑問に思うのも納得です。

デビューが決まったメンバーを見ると、ガルクラじゃない感が確かに強い気もしないことはありません。

ガルクラというより、アイドルグループのような感じがします。

 

ファンの方々はそこが引っかかるのでしょう。

惜しくもデビューを逃したメンバーは、ガルクラにぴったりなお姉さんが多いんですよ。

そのメンバーでグループを結成して欲しいという声も挙がっていました。

 

リオはビジュアル・パフォーマンス力共にレベルが高いので、スカウトされている可能性も高いですよね!

ソロ活動はもちろんですが、脱落したメンバーのグループ活動があればファンは歓喜するでしょう。

 

脱落のまま終わるのは勿体ないですからね!

ここで諦めずに、頑張って活動を続けて欲しいです。


まとめ

フープリRIOの落選理由は?SNSの声についてご紹介していきました。

フープリRIOの落選理由について詳しく明言されていません。

しかしメンバー選考理由から推測すると、リオが落選した理由は実力と伸びしろのバランスが合わないからだと考えられます。

 

ダンス歴が長く、実力が高いRIOですからもっとハイレベルな所を目指せるのではないでしょうか?

今回はデビューを逃してしまいましたが、芸能活動は続けて欲しいですよね!

 

ファンもそれを望んでいますから、人気が出る事間違いなしです。

これからも注目していきたいですね!